2017-06-19 16:35 | カテゴリ:【チビオの向上作戦】
私の中では、メンタルの強さも重要視しています。

運動会終了後、オットを自宅に残し、フタゴ達を連れ宿泊研修の買い物 → 床屋さんでチビオ坊主にするという強硬手段に出ました。 

DSC_29230713.jpg
(マイコケを愛でながら、雑草取りをするチビオ


新学期が始まり、落ち着いたと思ったら徐々に問題発生。
その1つ1つを対処していましたが、常に伴うのはメンタルの弱さ。

運動会の運命走のとある姿をオットと観ながら、「もう、あれは坊主で気合を入れ直すしかないな。坊主確定!」と話していました。その少し前から、坊主にしようよと促してはいたのですが・・・
まさか、その後すぐに連れていくとはオットも想っていなかったかもしれません…(苦笑)


7年ぶりくらいの坊主くんです。


少年団の6年生はほぼみんな坊主です。
見ていても気持ちがいいほどで、礼儀正しさも強さも備わっているように思えます。
勉学も大事ですが、勉強が出来ても、ちょっとしたことでメソメソしているようでは話になりません。女性の社会進出と言われても、社会はまだまだ男性優位。私が社会人になってからの20数年、大きく変わったようには感じられません。ということは、フタゴ達が20歳になる10年先もさほど変わることはないのかもしれません。そんな中、学歴があっても、精神的に弱いと生きていくのはこの先、より困難になるのでは?というのが私の考えです。


この1年、息子にはそういった強さを身につけさせたいと思っています。


少年団は、全道大会に出場することになりました。
まだまだベンチを温める状態ですが、応援をしっかりする、ドリンクや氷嚢を運ぶ経験も、息子の長い人生で必ずプラスになると想います。
お金は益々掛かりそうですが、子ども達のキラキラした姿を私の励みに、母も色んな面でサポートしていこうと思います。






スポンサーサイト

2017-05-11 05:04 | カテゴリ:【チビオの向上作戦】
先日落としました。
あまりにもだらしなくて。

ゲーム、遊び・・・いい加減な字で書く宿題や家庭学習。(ほぼチビオ
起床し、自室のカーテンをちゃんと開けるように、ベッドを整えるようにと何度言ったでしょうか?朝食は、フタゴ達の好みが違うので、ご飯とパンに分かれます。チャーハンの時だけは同じです。着替えが終わればソファでもぞもぞ。飲むコップや食器を出す気配は一切なし。食後は食器を流しまでは運びますが、残されたヨーグルトやお茶、牛乳をしばしば忘れる。トイレで出すものは出せる時間があるので、比較的余裕のある朝を過ごしているフタゴ達ですが、特にチビオはここから時間割を揃えたり、家庭学習の直しをしたりするので、時間が足りません。

少年団の練習や試合、自主練・・・お友達との遊ぶ時間を見ながら勉強時間を作っています。
お友達の中には、絶対宿題をやらないと遊べなかったり、1週間ゲーム禁止とか厳しい罰が与えられるご家庭もありますが、私は避けてきました。

自分で何をいつやるべきか?優先順位をつけて行動する習慣を身につけさせたかったので。
こんな風に、自分で勉強する時間、少年団でいない時間、ゲームをする時間を組み立てさせたいから。

DSC_0088.jpg

そうしないと、何もかも中途半端で終わってしまいます。
きちんと丁寧な字を書ける息子は、4年生の1年間で確実に勉強に対するやる気が落ち、当然ながら成績も下がり気味になりました。漢字に至っては、ひどすぎる有様です。もっと息子よりも大変な想いをされた親御さんもいました。
残念ながら最後まで改善された感がないまま、担任は学校を去りました。
後味の悪い、憤りだけが残る保護者多くいる中、もう何にも感じない、と呆れ気味に言い切る保護者もいました。


進級し担任も一新。そしてとても良い先生に巡り合えました。
そのおかげで、参観日での息子の姿は激変しています。
積極的に手を挙げ、学ぼうとする姿勢が強く見えます。

そのまま自宅でも変わって欲しかったのですが、そこは変わりません。(笑)
リビングや勉強道具を置くコーナーを替え様子を見ていましたが、これまで何度も注意し本人達が「変えます」と宣言したり紙に記載したりもしてきましたが、数日で元通りになります。

このままではいかん!と奮い立たせてお説教することにしました。
ただ、その前に口頭ではなく文章で私の想いを伝えることにしました。


好きなことをさせています。
欲しいものをほぼ買い与えています。
テストで100点とれと言っているわけではありません。

しっかりやることをやれば、好きなことをしても何も言わないよと言い続けてきましたが、一向(いっこう)に改善される様子は見受(みう)けられません。
それどころか、小生意気(こなまいき)な態度で、更(さら)に怒らなければなりません。

成績(せいせき)が上がっているようにも見えません。チビコの国語のテストは100点でしたが、漢字がボロボロでした。そのボロボロをどうするかを考えなければなりません。

それなのに、あなたたちの態度(たいど)はひどくなるばかりです。欲しい要求(ようきゅう)だけはいっちょ前です。食べたいもの、飲みたいもの、何でもあり状態です。
残念ながら、もうそんな、ばかばかしいことに付き合っていられるほど、お母さんはのんびりしていられないのです。
今後、こういったことがあった場合は、即刻ゲームを取り上げます。成績が下がり続け、親のいう事もしっかり聞けないのなら、もうスポーツ系はやめさせます。
その代わり塾でビシバシしごいてもらうことしにします。
ゲームは1日1時間、もしくは○○くんの様に、1週間に1回にします。

お母さんは本気です。
あなたたちも今後どう行動すべきか本気で考えなさい。

的な文章でした。(苦笑)

手紙は下校した2人がすぐに気付く場所に置きました。私が帰宅した時は、フタゴ達が緊張している様子が見えました。その後、オットが帰宅する前の夕食後に、2人に手紙を読んだ感想、今後どうするのかを尋ねました。チビオが涙を流し始めたので、なぜ泣くのかも聞いてみました。ちゃんとやらない自分が悔しかったそうです。この手紙、私の考えが間違っているのかも聞いてみました。間違っている所があれば、お母さんは直さなければならないことも伝えました。

普段は、注意されて不貞腐れてるような素振りが見られたチビオでしたが、この日は心から反省している様子が見えました。チビコは基本やることをちゃんとやっているので、毎度のことながら涙はなく、漢字を中心に今後の学習をお母さんが考える事、お手伝いを最近はやらないので、手伝ってもらえると助かることも言いました。食事の好みがうるさいので、出来れば文句を言わず何でも食べてほしいと伝えました。


お父さんが帰る前に、この話は終わりにします。お父さんが知ったら、速攻ゲームが禁止になると思うから。ただ、チャンスをあげるので、今後の行動を紙に書かなくてもいいから、行動でその姿を見せてほしいと伝えました。

翌日から2人は変わっています。
時々、あれ?と思う事はありますが、そこは大目に見ています。

そして、オットにはその手紙をこっそり読ませています。今回は一切何も言わないことになっています。


時間割や学習のチェックを私がすることは、全くやらない保護者の方からみたら、どうなのかと思われることでしょうが、学校へ勉強しに行くにあたり、商売道具である教科書等は必須です。それを忘れるなんて私には許されない事です。それでも同じ学年の2人が臨機応変に貸し借りをして、その場を凌ぐ術を身につけてほしいとも思っています。
残念ながら、息子は何度か忘れ困っても、ちゃんと時間割を揃えようというタイプではありません。だったら、親がサポートできる範囲でするべきというのが私の考えです。

学習に関しても、入塾させていないので苦手や得意な単元を把握し、苦手なものを学べるサポートをしたいと思いこれまで教えてきました。高学年になり、自分で丸付けをし自ら気付かせる担任の考えにも共感しているので、いいタイミングで私が離れようとしつついます。実際、息子が「これが苦手だからこのドリルをやるよ」と取り組むことも増えました。


2人には、今やりたいことを全力で応援したいし、お母さんが出来ることをしてあげたいと思っている、だからこそ、頑張る時は頑張りなさい。でものんびりダラダラしたい時はもちろんしてもヨシ!と伝えています。

どこまで2人が続けられるかわかりませんが、2人がちゃんと動いたリ、朝から玄関掃除をしてくれるおかげで、オットが朝食後の食器を洗い出しています。(笑)今日は自分の分だけでしたけど。食器の置き方や生ごみの処理とか突っ込みたいところはありますが、そこは黙っています。今は・・・(笑)



娘の担任、コーディネーター教諭との懇談も無事終わりました。
息子の担任には、家庭訪問で自宅の様子や親の想いを伝えています。体調が悪かった日の息子が、運動会の練習参加の有無を息子本人に考えさせるようにした、私の考えをクラスでも褒めてくださったそうです。



この1年で、フタゴ達も私も成長していきたいと思います。










2017-03-27 18:04 | カテゴリ:【チビオの向上作戦】
チビコとは別メニューで漢字の学習。

DSC_0057.jpg

チビオの髪の毛が伸びて爆発している。(苦笑)


授業でしっかり学ぶこと、指導することはどれだけ大切かを痛感しています。


息子のやる気スイッチが、ちょっぴり入った今日。
(ちゃんと書けるのに雑に書くので)ダメだし ⇒ (ちゃんと書けて)褒めまくり。
キレイに書けたノートを、私に見せる顔はピカ一な笑顔でした。(笑)