2012-10-05 06:46 | カテゴリ:【好き!!】
読後感が似てる感じがします 

DSC300011062.jpg

不意の再会で人生が思わぬ方向へ…
社会の「かくあるべし」を質してきた著者の真骨頂。
30代の選択を描き〈生活〉の意味を問う長篇。

【送料無料】月と雷 [ 角田光代 ]

【送料無料】月と雷 [ 角田光代 ]
価格:1,470円(税込、送料別)




DSC300011063.jpg

「一九九六年の秋から一九九七年の冬にかけて、
 レミちゃんはわたしたちと一緒に暮らした。」

――十五歳のわたしの家にとつぜんやってきて、
一緒に棲むことになった三十七歳のレミちゃん。
むかし作家を目指していたレミちゃんには、
「ふつうの人と違う」ところがあった……。

季節の移り変わりとともに描かれる人の人のきずな、人間のみにくさと美しさ。
そして涙がおさえられない最後が待ち受ける。

【送料無料】すみれ [ 青山七恵 ]

【送料無料】すみれ [ 青山七恵 ]
価格:1,260円(税込、送料別)





読んでくださり感謝します。
励みになる応援クリックもよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト