2014-08-25 23:04 | カテゴリ:【好き!!】
朝晩涼しくなった旭川。
読書がしやすい季節になりました。(毎年ブログに書いてますね。笑)

初めて読んだ著者、 飛鳥井 千砂さん。

622.jpg


14年ぶりに再会した4人の女性たちのそれぞれの生活、想いを綴った話です。

既婚者の男を妻子から略奪し結婚した麻里子。
仕事をバリバリこなす編集者の悠希。
あてのない不妊治療を始めた、マッサージ師の仁美。
売れはじめた翻訳者の理央。

それぞれが模索しながら、自分の答えを見つけ歩き出す物語。


とってもおもしろかった本。おススメです♪



飛鳥井 千砂さんの作品は、悩みながらも前を向き、
一歩踏み出す人生を描いた作風が多いようです。

他の作品も読んでみたいと思いました。






スポンサーサイト