2015-08-31 17:52 | カテゴリ:【育児に対する想い】
娘の件で、管理者のみコメントやLINEを通じてメッセージを戴いています。
また、特別支援教育に関する面談の質問も戴いています。

ありがとうございます。お返事が送れずごめんなさい。


現状等を含め、今記事を綴っているところです。何か小さなことでも参考になって戴ければ嬉しいです。
発達障害児サークルで知り合ったお母さんから、LINE登録をして戴きました。

このブログも読んでくださっているそうで、とても嬉しく思います。吐きだしてくださる言葉に共感や学ぶことが多いです。同時に、自分のやりたい事(軸)がぶれていないことを実感しています。


このブログではその他にも、夫婦の記事、双子育児に関する夫婦の在り方等も載せる予定です。
また、この夏大活躍したホワイトボードの活用や、息子より点数の高かった娘のテスト結果、その結果まで行ったこともUP予定です。

お会いしたかった西川市長とのこと、自分のストレス発散方法等も随時UP予定です。本日届いた商品券。懸賞の記事も予定しています。息子クラスの役員として参加した学級レクや、娘クラスの懇談会(夜編)等も綴る予定です。

時々仕事をしています。やりたい事の準備等にも力を注いでいます。日々フタゴ達の学習も継続しております。健康管理も徹底しています。


妻として母として、1人の女性としての自分も大切にしています。


他にも綴りたい想いが沢山ありますが、今は特別支援教育で困っている保護者の皆さん、双子育児で悩んでいるお母さん、お父さんの力になりたいと想っています。


悩まれている皆さんへ、

限られた時間の中で、どれだけ抱えている想いに寄り添えるのか?

想いを汲み取り的確な情報を伝えてあげられるのか?

誤解を生じないよう伝えられるのか?


私自身も悩みながらいます。


そんな私も同様に思い悩みながら生きています。
決断は速いと見られがちですが、眠れず食事も摂れず、とことん悩むことは今でもあります。でも、もう迷っている暇はないのです。


我が子の育児は、日々の積み重ねです。
そして、それを支える私の命には限りがあります。


選択肢はそう多くはありません。その中で決断実行し、うまくいかなければ戻り、別の方法を試す、そんな時間を過ごしてきました。陰で涙を流した分、もう涙は出ません。


自分のことを否定的にみる、教育関係者や保護者がいる事も知っています。


そこに自分が立ち止まっていては、想い描く育児が出来ません。



主治医を変えるべきか迷った時期もありました。夏休み、娘の定期検診で旭川厚生病院、沖医師に会いました。
今回から検査後、フタゴ達は待合室に。おかげで、お聴きしたい質問、全て聴けました。


そして、想定していた現実を言われました。



娘レベルの障害では、何の手当ももらえず、一般のお子さんと同様に受験をし社会へ出なければならないこと。




確実に困り感があっても、これが現実です。
大丈夫だと思って油断をしたら、蕁麻疹が出ちゃいます。

命の問題ありません。病室で病と闘うお子さんを想えば、元気に走り回れる娘の障害は、小さなものなのかもしれません。



勉強だけが全てではない。
その優しさを大切にしましょう。
それで十分じゃないですか?



教育関係者から、この様な言葉を掛けられたことが多々あります。



えぇ、そうです。41年生きています。嫌という程実感しています。
でもそれは、娘が満足していたらが前提であり、ある程度守られた環境にいる方には、私が抱えている想いは伝わりにくいのかもしれません。



娘がこの先、「医者」や「弁護士」になりたいと言ったら?
「あなたは、軽度の学習障害だから諦めなさい」なんて私は言いたくありません。



私は自分のなりたい夢を、ことごとく両親に反対され生きてきました。
お金がない中で、親として資金集めに奔走される方を知っていても、両親は何もしてくれませんでした。

そんな私を支えて下さったのは、母校の恩師達です。
就職後、教員の道を考えていた私に通信大学入学を勧めてくれたのも恩師です。

特別支援教育で思い悩んでいた私に、東北福祉大学で学ぶことを勧めてくれたのも同じ恩師です。



教育は、母一人の力では成り立ちません。



特別支援教育に携わる教員の資質を、同様に携わる教員に尋ねたことがあります。

「お母さん、一緒に教員(まだ経験年数の浅い)を育てましょう」 そう言われました。



娘が算数の長文を解けなかったことに対し、医療関係者からはこう言われました。

「この問題を解ける、解かせようと指導できる教員が、旭川市内でどれだけいるのか」と。



娘の基礎学力をつけるために、今やらなければならないことを娘の状態を観ながら行っています。出来ない、やる気の出ない、疲れている日の家庭学習は、超簡単な音読も取り入れています。
こういった配慮が出来る塾があるのなら、私は稼ぐためにフルタイムで働きたいです。


40歳を過ぎ、教育費や自分達の老後資金も考えるようになりました。住宅ローンもまだまだ払い続けなければなりません。頼れるスポンサーはなく、これからは、夫婦それぞれの両親を看取るであろうことも考えています。


学力や出身大学で人生は決まりません。どんなに良い会社に就職しても、適正能力がなければ働き続けることは困難です。時には転職や資格取得を考動せねばなりません。



その選択が出来る様にフタゴ達を育てています。



学校教育が大きく変化しようとしている昨今、一番大切なのは生きる力と決断力だと私は想っています。
落ち込むことがあっても前を向ける、立ち上がる精神力です。
時には、甘える力も大切です。


今の娘の夢は、パン屋さんです。息子の夢は、まだ迷っているようです。


母として時には辛く思い悩む夜もありますが、日々の2人がとっても可愛く、小憎らしく、そして愛おしく想いながら育てています。
周りからは厳しく見えることもあるでしょうが、そんなこと全然気になりません。


悩み抜いて出した育児法を実践しているから。
多くのアドバイス、意見から選んだ育児をしているから。
間違った時は、戻ってやり直しが出来る余裕も持てるようになったから。



起業を勧められました。(笑) 起業をする力や知識、心意気は備わっていません。でも、そんな風に声を掛けて戴き嬉しかったです。




支えてくれる友人、家族に感謝しながら、これからも頑張ります!



スポンサーサイト