ブログのコメントについて

コメントは承認制です。      非公開の場合もあります。    ご了承ください。

プロフィール

ふたごママ/金谷 三佳

Author:ふたごママ/金谷 三佳
44歳。
11歳ミックスツイン(男女の双子)と46歳のオットとの4人暮らし。 


海 朝陽 真夏の太陽 夕陽 朝ドラ(朝のドライブ)TUBEが大好き☆


H24年8月~H27年7月まで旭川市子ども・子育て審議会委員を務めました。生まれ育った旭川市を大切に想う気持ちと同時に、子育てを通して気付いた『今』すべきこと・出来ることを見つめながら、これからも活動していきたいと思っています。

2006年9月。
37週と2日で双子を出産。
長女2,385g
長男2,450gで誕生。

産前産後~就学前健診まで、小さな気掛かりはあったもののスクスク成長していました。

2013年、小学校入学後から 長女に学習の遅れが出始めました。私は学習障害(LD)ではと思い始めました。体調不良や登校拒否が出始め、小児科を受診。同時に旭川市特別支援教育センター(現 旭川市子ども総合相談センター)へ相談、それぞれの場所で検査を受けました。

2013年11月。軽度の学習障害(LD)と診断されました。


色んなことがあるけれど、いつも前向きでいたいです。

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

☆お知らせ☆




整数(兆や億)やら、省略したかけ算、0の多いかけ算のひっ算などなど。

大人でも答えに、ん?となる問題も多くなってきました。ちゃんと教えようと教科書を読んでも載っていない。今はLINEで友人に聞いたり、ネットでわかるので便利ですね。


きちんと覚えたはずのかけ算。3×8=24じゃなくて、27と書いてたり。あれあれ、どーした?な時も。
焦っちゃだめだけど、母の内心は不安です。

お風呂のポスターはずしちゃったけど、貼り直した方がいいかな?

934_20150416111124d93.jpg


かけ算九九
価格:864円(税込、送料無料)




コツコツ繰り返して覚えてもらうしかないかな。
頑張ろう!

あと1日でお休みだ♪



スポンサーサイト
 2016_04_27


最近とくにそう思います。

そして、ただシャンプー&トリートメントをすれば、理想的な髪になるのではないと感じている40代。

頭皮ケアも大切なんですね。



「cocopalm」ココパームのヘアケアシリーズをご存知ですか?



ココパームは、すべて植物生まれのやさしい洗浄成分なうえに、天然の植物エキスとオイルを贅沢に配合し、頭皮と髪にうるおいを与えてくれるそうです。頭皮ケアにこだわった、3つのアイテムで健やかな頭皮育み、ハリ・コシ・ツヤの美髪へと導いてくれます。

☆ホットクレンジングジェル☆

天然の洗浄成分は、フェイスクレンジングにも使えるほどマイルドで優しい洗浄成分、「発行由来・食品成分」を採用。
処方の96%がうるおい効果のある成分なので、頭皮のうるおいをキープしながら毛穴汚れをスッキリさせてくれます。
漢草エキスが頭皮を温め血行を促進して、頭皮マッサージをより効果的にするそうです。

週1~2回のディープクレンジングは手軽に出来ますね。温感マッサージは気持ちよさそうです。頭皮がやわらかくなり、引き締め効果で小顔の印象にも♪


☆ナチュラルシャンプー☆

ノンシリコン処方なので、汚れを落としてくれます。ココナッツ由来のアミノ酸系洗浄成分のみを配合してあり、頭皮にもやさしいですね。石油系ではなく、植物由来の洗浄成分です。

きめ細かい濃密な泡がクッションになって、摩擦による髪のダメージを防いでくれるそうです。洗う度に髪がリセットされるのもいいですね。


☆ナチュラルトリートメント☆

厳選された南洋植物オイルとエキスが、頭皮と髪にうるおいを与えて集中ケアがされるそうです。髪のたんぱく質にもっとも近い毛髪補修成分、ケラチンを高濃度に配合することで、傷んだ髪の内側に浸透してダメージを補修。髪を強くし失われたハリ・コシ感とうるおいを与えます。

シアバターやパッションフルーツ、アサイーエキスなど、こだわりの南洋植物オイルや厳選植物エキスも魅力的です。無添加処方も安心して使えますね。フルーティーネロリの香りは、入浴タイムの癒しになってくれそうです♪



サイトには、ココパームのこだわりや製品、気になる成分や効果が動画も交えて紹介されています。また、頭皮マッサージのQ&Aもわかりやすく掲載されているのも気に入りました。

公式サイトでは、ココパーム シャンプー&トリートメントのサンプルセット(1回分)を毎月抽選100名様にプレゼント中で、お試しのチャンスも嬉しいですね。



これから夏本番。頭皮や髪のダメージを受けやすい季節になります。
ココパームのヘアケアシリーズで、1年中美しい髪でいたいですね。


サラヤ株式会社さんからの情報でした。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



 2016_04_27


春は何かとお金が掛かる季節ですね。
出来るだけ支出は減らしたい → でもどこを減らす → どこを見直す!? で、悩むご家庭も多いはず。

見直すと言っても、どの支出を減らすために、どう調べたりすればいいのか、そしていくら節約になるのかわからないことも多いです。

4月から始まった、電力小売りの全面自由化。テレビや新聞等で情報は見聞きしていても、どれが我が家にお得なのかが今一つわかりません。

そんな中、来年には都市ガスが自由化されることをご存知ですか?
プロパンガスを利用されている方は、今の支払いよりもお得になるかもしれません。

どの位お得になるのか?
それはどうしたらわかるのか? 
  
       ↓

全然わからな~い!!(苦笑)


そんな方に嬉しいお知らせ♪

一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 が力になってくれますよ!

プロパンガス料金消費者協会では、消費者の立場で独自の適正料金を設定し、同料金で安定的に供給できるプロパンガス会社の協力のもと、 消費者のご要望に応じて無料で優良ガス会社を紹介するなど、 料金適正化に向けた具体的な啓発・推奨活動を主にインターネットを通じて行っているそうです。

そんな協会があることは知りませんでした。



サイトは知りたい項目がわかりやすく表示されているので、初めての方でも便利にチェック出来ますよ!


便利なのは、都道府県別に分かれた「料金自動診断」システム。
現在のプロパンガスの請求額と使用量を入力することで、 適正料金かどうかを瞬時に診断することができます。この診断システムは、プロパンガス料金に地域格差があることを前提に、都道府県別に適正料金が設定されているので、より精度の高い診断結果が受けられます。

「ガス料金見守り保証」がついて安心です。
不透明な値上げがないよう、常に公平な立場で見守り、お客様に永久に安心してご利用いただくことを保証する制度です。


マスコミでも多く取り上げられているそうです。
イザ!でも紹介されています。


とても心強いですね!
レビューブログさんからのお知らせでした♪ ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



 2016_04_27


お届け物イロイロ。

モニプラさんから、あたらしくなったララクラッシュ ⇒ 

DSC_1809.jpg


花王さんのエスト ⇒  サンプリング。
なめらか艶肌ファンデーション♪ なめらかになりたい。

DSC_1799.jpg


資生堂さんのベネフィーク ⇒  サンプリング。
たっぷりの美白美容水28mlも嬉しい。温感メーク落としもいいですね。

DSC_1831.jpg


花王さんのウルトラアタックNeo ⇒  サンプリング。
フタゴ達の汚れものも本格化!これからお洗濯に大活躍してくれること間違いなし!

1833.jpg










 2016_04_26


先週の金・土はオットが歓送迎会でお出かけ。飲み会もお仕事のうちとは言っても、今までのフタゴ達は不満顔でした。
でも最近は違います。ちょっと歓迎ムード。(笑)

それは、晩ごはん後に好きなお菓子やアイスを食べながら、3人でプチ宴会をすることにしたから。
テレビを観たり、夜更かしもOK!

金曜日は映画を観たり、土曜日は嵐の番組を観たり楽しく過ごしました♪

私も張り切って飲もうと用意していたお酒。飲みそびれました。

DSC_1833.jpg

夜もいいけど、真昼間から飲んでみたいな~♪ GWとか!?



 2016_04_25


先日の記事()で、コメントや拍手ボタンを戴きありがとうございます。嬉しく励みになりました^^

こんなコメントを戴きました。

(中略)
「自分で考えて動く。
今は親が助けてくれるけど、
社会に出たら自分で
乗り越えないとならないこと
たくさんだもんね。
でも、ルールって…。
そういうのあり??
読んでて切なくなったわ。

学習障害の回私も観たよ。
衝撃的だったわ。
やはり、○に置き換えて
観てしまったよ。

家の○の宿題も
たまにノートに書き写してくるときとか
あるんだけど。
学年が上がると
なんページからなんページとか。
さっささっさと、話が
次へといっておわるのかな?
先生ももう少し配慮して
欲しいよね。」


そうなんですよね。時間が無くてパパッと話されちゃう時は、聞き漏らしちゃう場合もあると思います。
宿題の件は、昨年担任との面談でこんな風に伝えています。『ホワイトボードや黒板に、「今日の宿題」として記載してもらう方法をお願いしようかと考えたのですが、メモを取ったり聞き取りを覚えるのも、この先大事かと思いメモ帳を買いました。メモ帳も、あらかじめ、(国語・算数)(P  ~ P  )(内容)等を印刷した紙を持たせて、〇をつけたりサッと記入できる方がいいかとも思ったのですが、まずは市販のメモ帳を使わせてみようと思います。』

一方では昨年7月札幌で、道教委が主催した公開講座、『崩れないクラスづくりとは、~特別支援教育の視点から~』 プール学院大学教育学部教育学科 准教授 松久 眞実先生 ⇒ のお話をお聴きした時は、教室内に掲示してもらうことも考えたんです。でも、いつまでもそれでいいのか?という考えも同時ありました。


これからは、娘が自分でメモ帳を作ってみるのも1つの方法かと思っています。記入しやすいようにPCで印刷すれば、パソコンも覚えられますしね。


お友達との関係ですが、先月友人に相談するとこんなアドバイスをもらいました。

「チビコちゃんの宿題の件は、現在困っていないようならこのまま見守る。どうしても確認したいのなら違う子に聞くことができるっていうのも、チビコちゃん自身が理解してやれるようだから、みかちゃんは手出しせずに見守るべきかな。子ども同士のルール!わかるよ~大人なら親切心だして聞かれたら答えるべきじゃないかって言いたいのもわかる。でも、子どもって無垢な分残酷なんだよね。そして4月からはもう高学年の仲間入り。親としてやってやらなきゃ!心配で心配で...って気持ちをそろそろ一歩引いて自立を促す。昔のチビコちゃんだったら、どうしよう、どうしよう、聞けないからわからなかった、宿題がわからないよ、学校行けないよってパニックだっただろうけど、この一年でぐんと成長して自分で解決できるようになったじゃない!もし、安易に手を差し伸べてしまっていたらこうはならなかったかもしれない。
週2ルールを作った子も意地悪でしたわけではないんだろうし、毎日毎日聞かれたら、素直にしつこいな!そして何でわかんないの?って思うと思う。だから、私はこのまま見守るのが一番かなと。四六時中張り付いてるわけにはいかなし、親の目線と子の目線は違うしね。チビコちゃんを尊重してあげるのがよいかな。そしてほんとにピンチの時には、しっかりフォローする。四年生からは授業も六時間ばかりだし、クラブも委員会もあるしいろんなことが起こる。楽しことばかりじゃないからね~でも、できるだけ近くで見ていよう。まず、見ていよう。」




頷きながら読みました。感謝です。


子ども一人一人に個性があり、良い所も苦手な所もある。

「みんなちがって、みんないい」

そう言うけれど、大人になって違う意見を言い除外されることもあります。(苦笑)



友人のメッセージで気付かされたのは、娘が学校へ行きたくないと泣いていたあの頃が、私の根底にあるんだと言う事。また同じ様になってしまったら?と無意識に想っていたようです。

でも、メッセージの中にあったように、娘はぐんと成長して自分で解決出来るようになったんだと嬉しくなりました。
不安はあるけれど、一歩一歩私も同じ様に歩んでいきたいと想います。








 2016_04_25


先日の記事(⇒ )で、私の泣きそうになったことを、嬉し泣き?文末にきたら違うのかな?とコメントを寄せて下さった方がいました。ありがとうございます。また中途半端な記事になってしまいごめんなさい。

悲しいというか、切ないと言うか、チビコはこうやって頑張っているんだなという意味でウルウルになっていました。同時に、これが(このままで)最善なんだという想いと、「こういうことで困っている子が(お友達)、いるんだよ。力を貸してあげてね。」と知ってもらうことが、支援なのでは?という考えを持ち続けていました。


そういった想いがより強くなったのは、日本テレビ、「ザ!世界仰天ニュース」発達障害で悩み苦しんだ南雲明彦さんの回を見てから。 ⇒  
黒板の文字を書き写すことが難しく、友達からノートを借り書き写したり、お小遣いをコピー代につぎ込んで写したり、文字が読みにくく、学芸会の台本を先生に読んでもらい、それを何度も暗記して言ってみたり・・・数々のエピソードは胸が痛みました。全て頑張っていたから。家族や友人にも打ち明けられず、勉強も部活動も一生懸命頑張って乗り越えていました。そうして合格した高校での生活から、それまでの人生が一変します。

途中からその姿が、チビコと重なって観てしまい、もしかしたらチビコも同じ様に爆発してしまうんじゃ・・・と不安になりました。


日々の中で、チビコは宿題をしっかりやること、忘れ物をしないことに、とても力を入れています。「今日の宿題」のメモは欠かさず、登下校一緒のお友達に何度も確認していました。チビオとクラスが離れた3年生からだったと思います。その確認や心配は度を越している時もあり、メモ帳を買うことで落ち着くのではと思っていました。


今日の宿題は~と話しがある時に、ゆっくり聞ける時もあれば、慌ただしく聞く時もあったようで、そうなると不安でお友達に確認していたようです。たまたま下校時に確認しているチビコと、「いやーもうしつこい」って感じで、うんざりするお友達の姿を見ました。仕方がないとはいえ、少しショックでした。不安になることやパッと言われることに苦手な部分がチビコにはあります。


「いつも聞いたら嫌になるだろうし、わからなかったら連絡網で別のお友達にも聞けるからそうしたら。」とチビコに話しました。



また、そういった一連のことを面談時に先生方に話しました。その場では、「そのお友達は頼られたい、おせっかいをやきたいそんな子だから、大丈夫ですよ」と言われ、私もそのお友達を知っていたこと、先生の話にも頷けるのでそのまま様子を見ることにしました。


その後、何気にまだお友達に宿題のコトを聞いているのかチビコに聞いたところ、「だいじょーぶ、週2ルールがあるから別の友達に聞いてるから。」



そのルールって何!?


と聞いたら、週2回しか宿題のコトを聞いちゃいけないことがわかりました。
また、チビコは別のお友達(聞けるお友達リストがあるようです)に、わからない時は聞いているし先生にも聞くしと、特に気にしていないようでした。

どんないきさつでルールが出来たのかはわかりません。ただ、そこに行きつくまで、チビコは不安だったんじゃ?と思いました。そこから自分なりの術を見つけて、今は困り感がないから安心しました。



私はこのコトを学校に伝えました。少し迷いましたが、先生方は、その子の頼られたい一面しか知らない訳で、チビコが苦手であることをそのお友達に伝えた方がいいのか、直接顔見知りのお母さんに私から伝えることもできるのでと思う気持ちと、今は困っていないから、このままでいいとは思うのですが等と、連絡帳に書きました。


娘を特別扱いしてほしいのではなく、こういったことに苦手なお友達に力を貸して欲しいということを伝えなければ、別の困っているお友達にも同様になってしまうのではないだろうか?
という想いと、
生きていく上で、大人になってもこういったことは多々ある、だからこそ、チビコの様に自ら術を見つけることも大切だという考えもありました

頭から離れなかったのは、仰天ニュースで観た、頑張りすぎて爆発してしまった南雲さんです。


学校の対応は、先生方同士で話し合いが行われ、チビコ本人に話を聞き、今の困り感はないので、お母さんがいうように今はこのまま何もしないでいいと思います。と連絡をもらいました。また、何か他にも心配なことがありましたら、面談もできますよと声を掛けてもらいました。(この頃は支援学級を退級するにあたり、学習に不安があり相談もしていました)


その後、先生と会う機会がありこの件のお礼を述べると、先生からは、「私達も知らないことがあって、お母さんから教えてもらって良かったです。週2ルールが、週1やゼロになったらチビコちゃんも困ると思いますし。」等と言われました。


私は、素早い対応に感謝するとともに、先生方に伝えて良かったと思いました。過剰な親と思われたくはないけれど、この時は、広島県で自殺した生徒がいて、とてもショックを受けると同時に、こういった小さな心配事でも、その芽は摘み取っておきたかったのです。



そんなことが2月~3月にありました。



そして、先日の参観日帰りの会で、みんながジャンパーを着たり、ランドセルをしょったりする中、チビコだけはランドセルからメモ帳を取り出し、右手には鉛筆を持っていたのです。たぶん、宿題の事等先生から話があった時に、すぐ書けるように準備していたと思います。子ども達を横から見る状態で、教室の真ん中の位置に立っていた私は、思わずクラス全体を見ました。そんなことをしているのはチビコだけでした。その姿は衝撃的でした。


あー 毎日こうやって頑張っていたんだと思うと、涙がこみ上げてきました。ルールの件は友人に相談していましたが、参観日後のことは自分の中で整理が出来ず、昨日まで誰にも言えず1人で色々思っていました。



新学期に入り、チビコが癇癪を起したり(チビオもですが)、ケンカがよくあります。新しい環境でストレスを溜めているのだと想います。そして私は余程のコトがない限り見守っています。


これからは見守る姿勢がもっと多くなると思います。でも、何か不安がある時には、娘本人に聞いたり友人や学校に相談していこうと思っています。



※たまたま昨日、(ルールの)お友達と下校するチビコに会いました。礼儀正しくあいさつをするお友達に、「いつも宿題のコトを教えてくれてありがとね」とお礼を伝えました。




ざっと記事を綴ったので、またわかりにくい内容だったらごめんなさい。
ここまで読んでくださり感謝します。ありがとうございます。

















 2016_04_22


CMが流れるたびに、「食べてみたいねー」とフタゴ達。
届くのが待ち遠しかったララクラッシュ。家族で美味しく戴きました♪

DSC_1809.jpg

新しくなったマンナンライフ ララクラッシュは、とってもプリプリでフルーツのいい香りがします!

DSC_1812.jpg

チビコお気に入りのマンゴー味。半分に切るとクラッシュした蒟蒻畑も入っています。

DSC_1814.jpg

口の中に入れると、ジュワっとほどけて、ジューシーなマンゴーの味が広がります♪
蒟蒻畑に比べ、食感がやわらかく、フタゴ達にも安心です。

チビオは、ぶどう味がお気に入り。

DSC_1816.jpg

ダイエット中でも嬉しい、1個あたり低カロリーの8キロカロリー♪
食物繊維がたっぷり入っています♪ 1個当たり1.6g。
お腹の調子を整える特定保健用食品です♪

マンナンライフ ララクラッシュ

小腹が空いた時に、パクッと手軽に食べられるのはいいですね。

マンナンライフファンサイトファンサイト参加中


他の種類も食べてみたいな~と思っていたら、知人から戴きました♪

DSC_1798.jpg

りんごやオレンジ、マスカット味もあるそうです。
冷蔵庫にちょっと冷やしてあると便利!最近はどこのスーパーでも見かけるようになりました♪

これからも家族で美味しく食べたいです。



 2016_04_22


綴りたいことは色々あるのですが、最近ストップしていたチビコの記事。ようやくUPする気持ちになりました。(笑)ずーっと自分の中で引っ掛かっていたことがあり、なかなかその想いを文章にまとめることが出来ずにいました。


時系列で綴ろうと思うのですが、ちょっとメモも兼ねた箇条書きを先に綴ります。


・先日、フタゴ達の参観日。毎回1授業のうち、半分ずつの参観で、この日はチビコの希望で、先にチビオのクラスから。帰りの会でチビコのある姿を見て、私は泣きそうになる。


・先月の春休み、旭川厚生病院の沖先生の診察。前回よりも少し長い30分以上、チビコは先生と2人で問診や問題を解いていました。その後、先生から「お母さんは、何で問題が解けないだろう?と思うだろうけど・・・」と言われたので、先生には、「何でではなく、どうしたら解けるのだろうか?と思っています」。と、2度やり取りがあり(笑)、先生からある本を見せられる。


・3月、気掛かりだったことをチビコに聞くと、お友達との中であるルールがあることがわかる。そのことで考えた結果、学校に伝えるべきと思い、先生とのやり取りがある。


・2月下旬。学校での面談。学期ごとに行われる面談で、チビコの退級を提案される。気掛かりだったことを伝え、先生方から回答をもらう。退級にいたるまでの先生方の考えや今後の話等を聞く。


・2月、友人から教えてもらった日本テレビ、「ザ!世界仰天ニュース」発達障害で悩み苦しんだ南雲明彦さんの回を見る。小さい頃から悩みを抱え頑張っていた南雲さんの姿が強く心に残る。その時の内容は、HPで読めます。 ⇒ 


友人のアドバイスに、「子どもってさ、無垢な分残酷なんだよね」 また改めて記事にします。




 2016_04_18


オットの友人が広島県に転勤。お餞別のお礼に、広島県の美味しいもの、フリーペーパーやお手紙が送られてきました。

DSC_1819.jpg

フタゴ達に2個ずつのお菓子も♪ このプリッツ、チキン味がオイシイ~!




家族を残して単身赴任を何度かされている友人は、いつも「家族を大切にと」とオットに伝えてくれます。



 2016_04_18


読んじゃったよ。角田さん。週末夜に読み始め、日付が変わっても眠気は全く来ず、先が気になり一気に読み進み。気付けば午前3時。


角田光代さん 『坂の途中の家』 (朝日新聞出版HPより)

2007年『八日目の蝉』、2012年『紙の月』、そして2016年――著者の新たな代表作が誕生する!最愛の娘を殺した母親は、私かもしれない――。虐待事件の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇に自らを重ねていくのだった。社会を震撼させた乳幼児虐待事件と〈家族〉であることの光と闇に迫る心理サスペンス。感情移入度100パーセントの社会派エンターテインメント!

私は、果たして、文香を愛しているんだろうか。もちろん愛していると思っている。いなくなったらと考えただけで胸がふさがる思いがする。(略)それでも、文香を自分より大切なものと思えるだろうか。かわいい、かけがえのない子どもと思えるだろうか。(本文より)

DSC_1811.jpg


世の中には、「我が子が大好き!生まれてこの方一度も(子育てで)イライラしたことないの!」という母親もいるだろうが、私はそんなお母さんに出会ったことがない。出産するまで、虐待するニュースを観ては、「なんてひどいことをするんだ!」と思っていたけれど、いざ自分が育児をしだすと、虐待は紙一重では?とさえ思うようになった。

そんな想いがあったし、何だかおだやかに読める内容ではないかも?と、この新刊を読むのは躊躇していた。でも、やっぱり大好きな角田さんの本。どっぷりはまって読んでしまった。再婚された角田さんは、確かお子さんがいないはず。そんなことを感じさせない母親の心情に寄り添って綴られている文章は、「さすが!角田さんね」と思いながら読み終えた。

坂の途中の家 [ 角田光代 ]
価格:1728円(税込、送料無料)


さすが角田さん!










 2016_04_13


4年生になる自覚とやる気。

DSC_1791.jpg

この持ち物いいですね。


クラス替えがある?
4クラスから3クラスになる?
担任の先生はだれ?


春休みが終わっちゃう~よりも、早くお友達に会いたい~だった2人は、下校後、一斉に喋りだしました。沢山のプリントを手渡しながら。(笑)


クラス替えや編成もなく、担任もかわらず持ち上がり。チビオの担任だけが産休を控えているのでかわりました。TTとして算数の時間会えるそうです。

委員会活動やクラブ活動、授業内容も更に難しくなるだろうけれど、元気に過ごしてほしいです。






 2016_04_07


春休みに、フタゴ達が楽しみにしていたお出かけ。それは同級生のお友達宅へ行くこと。前日に東京から帰宅したばかり、翌日名古屋へ旅立つ・・・そんなみんなの忙しい合間の再会を、私とフタゴ達で楽しんできました♪

ランチは近所のガストへ。並んで座る9歳児。みんなすっかりお兄ちゃん、お姉ちゃんです。子ども達は永遠に遊んでいそうな雰囲気で、私達は母の、妻の?尽きない話題で盛り上がり、とっても楽しい1日を過ごしました。

帰りの車中、隣にはキレイな夕焼け。チビコが撮影しました。

DSC_1806.jpg


次にみんなが会う時は4年生だね。





 2016_04_06



03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アルバム

アクセスランキング


[ジャンルランキング]
育児
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
51位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

参加中♪よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

☆お知らせ☆

☆お知らせ☆

☆お知らせ☆

検索フォーム

ブロとも申請フォーム



pagetop