2017-03-24 05:04 | カテゴリ:【チビコの学習障害(LD)】
まもなく春休みを迎える娘の家庭学習ノートに、担任へお礼の言葉を綴りました。

先生からの、

チビコちゃんとの思い出は楽しい思い出ばかりです。
がんばりやのチビコちゃんが成長していく姿を見るのがとてもうれしかったです!!

私の方こそ、本当にありがとうございました。
『がんばる子』『がんばる5年生』になってくれたら、最高です!
チビコちゃんはだいじょうぶと安心しています。

新担任のこともよろしくお願いします。

お心遣いをたくさんいただき、本当にありがとうございました。」


と書いてくださいました。


傍で見ていると、心配な面が沢山あるし、この先を想うと不安は尽きない。
けれど、私も娘が苦手なことに向かっていく姿勢、1日も休まず登校しようと心がけ、そのようになったこと、自分なりに目標(みんなより遅れても、漢字50問を終わらせるなどなど)を立てて頑張る姿に、わが子ながら、すごいなーと想う事が多くありました。


娘の良さに気付いて下さり、時には頑張りすぎないように寄り添い、見守り指導を続けてくださった担任には感謝の言葉でいっぱいです。
3年生から4年生の2年間は、とても大事な時期だと思っていました。
先生で良かった!そう想っています。


昨日は修了式を前に、生徒からの写真や寄せ書き、花束を先生へ贈ったそうです。
先生は感激して泣かれていたそうです。
(役員のお母さんたちの計らいにも感謝です)


進級と同時にクラス替えを迎える娘。今度は5年生。勉強内容はもちろん、お友達との付き合いにもより難しさが加わります。
最後の参観日後に、個人懇談をしています。
その時には、色々考えましたが、次の担任やクラスメイトについて要望は出しませんでした。
その懇談の内容は、記録として記事に残そうと思っています。


さっ、今日も一日頑張りまーす!



スポンサーサイト