2017-10-29 19:14 | カテゴリ:【フタゴな日々11歳】
先日フタゴ達と。

20171017152620.jpg

今日も。
ゲーム中の息子は自室で、娘と2人だけでやりました。
それでも大いに盛り上がる。(笑)


スポンサーサイト
2017-10-26 18:53 | カテゴリ:【心に響いた言葉・話】
こういった本を読みます。

20171026181303.jpg

誌面に掲載される方のような、スペシャルなことは出来ないけれど、「ステキだな。」「いいな」「見習いたいな」って思います。育児や家族、家事、仕事に対する想いも綴られているので、大切なことを気付かせてもらえる1冊です。





明日は金曜日。
笑顔で乗り切ろう♪

甥っ子の満面の笑顔の写メに、めっちゃ癒されている私です。


笑顔って大事だーっ!!






2017-10-17 13:05 | カテゴリ:【好き!!】
やっぱり読んじゃった桜木紫乃さん。

20171016105216.jpg

『砂上』 KADOKAWA HPより

直木賞作家の新たな到達点! 書くことに取り憑かれた女の再生の物語。
男にも金にも見放された女の前に現れたのは、 冷徹な編集者だった――。

空が色をなくした冬の北海道・江別。柊令央は、ビストロ勤務で得る数万円の月収と、元夫から振り込まれる慰謝料で細々と暮らしていた。いつか作家になりたい。そう思ってきたものの、夢に近づく日はこないまま、気づけば四十代に突入していた。ある日、令央の前に一人の編集者が現れる。「あなた今後、なにがしたいんですか」。責めるように問う小川乙三との出会いを機に、令央は母が墓場へと持っていったある秘密を書く決心をする。だがそれは、母親との暮らしを、そして他人任せだった自分のこれまでを直視する日々の始まりだった。

これは本当にフィクションなのか――。
現実と虚構が交錯する傑作長編!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

砂上 [ 桜木 紫乃 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)





少し重たい?そう思いながら読み進めていきました。
読後は、そんな思いは残らない一冊。

2017-10-13 19:12 | カテゴリ:【ぶきっちょキッチン】
今週もお疲れさま!

元気が出る晩御飯。
出来ればお得なお肉で作りたい!(切実)

ヒレカツ、ササミカツ、エビフライ♪ エビフライ、背ワタはとるけれど、丸まったままです。(笑)

1507888233994.jpg

揚げたてを味見した娘。
帰宅早々、お風呂の前に味見をした息子。

2人の「おいしいー!」が一番嬉しい。


オットにはLINEで画像を送信~。


13日金曜日の晩御飯でした。(〃▽〃)







2017-10-12 17:05 | カテゴリ:【私の想い】
冬を前にようやく始動。

こんまりさんじゃないけれど、「ときめくか!?ときめかないか!?」と問いかけながら。(笑) (そうそう、こんまりさんって今アメリカ在住なんですね。すごい。)

特に「使うか使わないか!?」は選別で重要。「いつか使うかも」という想いはやっと一掃出来ました。「いつか」はそう簡単にはこない!(笑)

少しずつ生まれた空間を見るのは、清々しい気持ちになります。

捨てることに勢いが付きすぎている感もあるけれど・・・この勢いイイ感じ!((^∀^*))

勢いつけて、色々と頑張りたいな。




前回の更新から早1週間。
交互に鼻水が出るフタゴ達。気掛かりは何かとある。話を聞きながら寄り添い、見守ることがほとんど。困った時はママ友に相談 ⇒ 心強いアドバイス!
オットは仕事が忙しい。元気が出そうなご飯を作るか、話を聞くくらいしか出来ないけれど。なぜかその晩私の夢はお仕事中~。

家族がホッと出来る我が家(私)でいたい。

明日はもう金曜日♪
あと1日頑張るぞー!!









2017-10-05 20:12 | カテゴリ:【日々の話】
気兼ねないお喋り♪
お勧めの『ほっと ゆず・かりん』を戴くのが楽しみ。
期間限定の青森りんごも美味しそう(* ´ ▽ ` *)

20171005175101.jpg

真夏には会えたっけ?
育児、夫婦、家族、仕事・・・その他もろもろなことを、お互いが話すので内容盛りだくさん。(笑)
朝晩ブログもチェックしてくれているので、更新していないことが気掛かりではあったの!

ちょっと心に引っ掛かっていたことも聞いてもらい、スッキリな私。


ありがとう!
いつも感謝してるよ!!